岐阜市西荘の美容室・ヘアサロン analog(アナログ)

treatment

2018/10/14 11:55 

乾燥する時期がすぐそこに。。。(^^;

 

 

 

ホームケアで乾燥対策。

 

 

 

 

方法は沢山ありますし、使うモノを見直すのもいいですけど、

「使い方」を確認。せっかく自分に合うケア、アイテムでも使い方次第で、効果が変わる事もあります。

 

極端な間違いがなければ、悪い方向に行く事はありませんが、

より効果を出す為、余分な時間を使わない為、基本的なケアのやり方。

 

 

 

「インバストリートメント」

 

お風呂でシャンプー後に使い、流すタイプのトリートメントですね。

シャンプー後に使いますが、泡を良く流して塗布。この時にベタベタではないですか?

水洗してトリートメントだと水で流れたり薄まる可能性があります。

 

軽くでも手で水分を取る事が大切です。絞るって感覚ですが、優しく軽くです。

無理に引っ張ったり、強く擦るのはご法度です(^^;

髪にトリートメントを馴染ませますが、毛先、表面、中間の順番。

地肌に触れないように毛流れに沿って馴染ませます。

 

放置時間ですが、トリートメントに書いてあれば推奨時間なので分かりますが、

基本的には「少し時間を置く」です。分かりにくいですね(^^;

時間を置けば置くほど良い?ではありません。

時間を置く場合「5分」を目安にするといいと思います。

だいたい5分後で約9割が浸透するそうです。その後は微量に浸透する程度。

20分、30分時間を置いても5分と変わらない傾向があります。

効率良く、トリートメント放置時間に髪を留めたり、タオルで巻いたリして

その時間で体を洗ったりしたら5分はすぐですね(^^;

 

トリートメントの流し加減。「流し過ぎない」これも分かりにくいですね(^^;

トリートメントがついていると髪がヌルヌルですよね。

シャワーで流し始めると手触りが変化します。流しながら手ぐしで確認。

髪が柔らかくスルスルになった位ですね。この時も無理にとかしたりせず、

優しくですね。毛先などキシキシしたら流しすぎかもしれません。(ダメージ具合にもよります)

全体通して優しく、毛流れに沿った手ぐしが大切だと思います。擦ったり強く引っ張ったりせず、

絡まりがあれば、ゆっくり優しく解くようにしましょう。

毎日のケアだからこそ、的確なケア。毎日のケアだからこそ、効率的なケア。

トリートメントの効果を実感できるケアを。。。

 

ご相談くださいな(^^♪