岐阜市西荘の美容室・ヘアサロン analog(アナログ)

カラー

2018/09/28 11:46 

カラーをされてる方が多いと思いますが、

内容は様々。。。

方法も様々。。。

個々に理由があり、カラーを希望されます。

 

自分のイメージ(スタイルなど)に必要。

気分転換、アクセントに。。。

白髪など気になる部分をカバーする為に。。

多種多様です。

 

極端にアピールできるカラーは別として「ナチュラルカラー」の傾向が

近年変わりつつあります。

明るく見せたいから明度を上げるだけでなく、質感重視、カラー自体の進化や

幅が広がり、より個に合わせやすく、負担も少なくできる様になってきてます。

 

「アッシュ」と言ってもその中でも選択肢が豊富。

もちろん、ベース(自髪、状態)にも寄りますが微妙な差を表現もできます。

ピンク系、ゴールド系、マット系など色味の系統の中での表現の仕方。

透明感のあるツヤ、深みのあるツヤ、もしくは色にクスミを出し艶消し。

色味自体を強調するか、ぼかすのか、ぼかし方自体も様々。。。

色味自体も純色より傾きを表現したり(青みがかった赤など)

同じ色味でも明度により質感を調節したり。。

色味の表現でも無数に選択肢があります。

 

ベースになる髪の補正なども操作性が上がり、元々の髪色に対して、

赤味を活かしたり、打ち消したり。。。

ダメージ部分の色ムラを補正したり、深み、ツヤを出したり。。。

 

サロンカラーの中で選択肢が多く、より状態、より髪に合わせやすくなって、

「個に合せたカラー」ができるようになってます。

他、デザインカラーなど方法、技術も広がってます。

それだけ選択肢があるのでより楽しめるカラーをしてみてはいかがでしょう。

もちろんですが、髪にできる限るの負担軽減は必須。

ご相談くださいな(^^♪