岐阜市西荘の美容室・ヘアサロン analog(アナログ)

退色軽減

2019/07/14 12:28 

カラーをされてる方も多く、夏にチャレンジされる方もあります。

夏のカラーは色持ちを良くするケアが必要です。

キレイに染めても持続ができないと。。。(^^;

 

比較的高明度を希望されたり、色彩が鮮やかな色味が好まれたり。。。

同じ色味でも、明るさレベルが高くなれば、色素の量は薄まります。

鮮やかな色味でもその特徴に色素が多くなるのでブラウンなど、ベースになる色素が減ります。

その理由から色持ちに影響も出ます。

暗くすれば。。。ナチュラル色にすれば。。。(^^;

ですが、なりたい色の明度、特徴との差が出ても。。。(^^;

ダブルカラーなどは自分の元々の色素を分解する割合が多いから、

特徴的な表現はできますが、その分色持ちに影響があります。

髪のダメージも手伝えば、比例して色持ちが悪くなります。

 

サロンカラーはそれらを考慮して、できる限りの努力をしてカラーをしますが、

完全な答えはありません(^^;でも考慮する染め方でかなり違いが出ます。

少しの項目でも、髪質、状態に合わせる事で色持ちに繋げるカラーをします。

ですから、それ以外のケアも大切になります。

それは。。。。ホームケアですね。

 

カラーをされた髪に対するケア、夏場に合わせたケア。

 

このケアを持続する事で色持ちが変わります。

シャンプー、トリートメントなどなどの選択、紫外線対策、ケア内容。

キレイなカラーを少しでも長くするためのケア。

ケアの項目、時間が極端に増える訳ではありません(^^;

その髪の質、状態に合わせる事、環境に合わせる事が大切です。

 

ご相談くださいな(^^♪