岐阜市西荘の美容室・ヘアサロン analog(アナログ)

カラー

2019/03/05 12:49 

カラー自体が当たり前の時代です。

ナチュラルカラーが多いですが、ナチュラルの中でも特色があり、

個性が出ます。この時期、初めてカラーをされる方も多いです。

どんな色、どんな明るさ、どんな入れ方。。。

色味を強調するカラーもナチュラルに取り入れたりもします。

 

一部、原色カラーも流行ってます。

ビビットな色味やアイスカラー。。。ネオンカラーも。。。

アニメのキャラの髪色やコスプレのウイッグのような色。

これ系のカラーは1工程では難しいです。

基本、地毛をブリーチ後、色味を入れる流れになります。

なので、色を抜く工程があります。

目的に色味や髪質にもよりますが、ブリーチが1回?2回?回数が変わります。

髪に負担もそれなりに。。。できる限り考えますが、ブリーチ毛になります。

その後、色をのせますが、色持ちは悪いです。

思ったより退色が早いのが普通だと。。。

なので、ある意味リスクを考えてからカラーを考えるほうがいいと思います。

できる限り方法を考えますが、退色軽減で、退色無しにはできません。

 

キレイな髪を維持するには、ケミカルダメージを無くす事が大切ですが、

髪色を変える時は負担はあります。ホームケアも含め、カラーをする負担も考え、

提案させて頂いてます。